"最近ではマンションや一軒家を購入する人が少なくなり、積極的に賃貸へ引越しをされる人が多くいます。
購入をするよりもメリットが一杯の賃貸物件の中でも理想的な物件を選んじゃいましょう。賃貸契約の期間や更新料が有るか無いのか、そしてその金額、敷金・礼金の金額、さらには火災保険料の有無や金額などの情報も知っておきましょう。
毎月の支払いだけのために仕事をしているという悲惨な状況になってしまわないようにご注意ください。

 

賃貸物件の情報を全てチェックしていくことによって、一度にいろいろなことを把握することが出来ます。
物件そのものの情報だけではなく、コンビニや病院など近所の施設なども確認をしておきましょう。フローリングやユニットバスなどといった各部屋の設備は当たり前のこと、屋内駐車場などの敷地全体の設備も物件情報に公開されています。
とにかく直接現地にまで足を運ぶことが大切であり、この現地調査で様々な設備を確認しておくようにしてください。"



物件の設備や条件などもチェックブログ:15-10-19

わたくしがお母さんの料理のありがたみを知ったのは、
高校2年のときでした。

体質を悪くしたお母さんが、
一ヶ月入院することになったのです。

母子家庭の我が家では、お母さんは大黒柱。
このままお母さんがいなくなるのではないかと…
とても心細かったのを覚えています。

それまで、
きちんと料理の手伝いをしていなかったわたくしは、
お母さんの見舞いに行っては
ライスの炊き方から聞くような連日でした。

最初はお母さんの見よう見まねで、
9時食の用意、お弁当作り、夕飯の用意…
とやっていました。

しかし、授業を終えバイトから帰るとへとへとで、
自炊などとてもできる状態ではなく、1週間と続きませんでした。

それまでの食事は、
お母さんがわたくしの健康を気づかい、魚料理などの和食が中心でした。
煮物、ひじき煮、おひたし、切干大根…など
どれも栄養豊富な料理でしたが、
高校生のわたくしはちょっと物足りなさも感じてもいました。

だから…というか、この時とばかりに
自分の好きなものばかりを食べようと決めたわたくしは、
9時食をライスから菓子菓子パンに変え、
お弁当はできあいのもの、
夕方はインスタント食品やジャンクフードなどにし、
栄養も考えず食べたいものを好きなだけ食べていました。

当然の結果というべきか、
わたくしの体質はそのつけを払うことになりました。

体重は8`も増え、
肌にはニキビができ、髪もパサついた状態になりました。
しかも、たった一ヶ月の間に2回も風邪をひいてしまい、
入院中のお母さんを不安にさせる程でした。

術後の経過が良かったお母さんは、
退院後家に帰るなり、
栄養たっぷり愛情たっぷりの料理を作ってくれることに…

お母さんに食べたいものを聞かれ、
和食好きでもなかったわたくしが真っ先に答えたのは、
「煮物」でした。