"最近ではマンションや一軒家を購入する人が少なくなり、積極的に賃貸へ引越しをされる人が多くいます。
購入をするよりもメリットが一杯の賃貸物件の中でも理想的な物件を選んじゃいましょう。賃貸契約の期間や更新料が有るか無いのか、そしてその金額、敷金・礼金の金額、さらには火災保険料の有無や金額などの情報も知っておきましょう。
毎月の支払いだけのために仕事をしているという悲惨な状況になってしまわないようにご注意ください。

 

賃貸物件の情報を全てチェックしていくことによって、一度にいろいろなことを把握することが出来ます。
物件そのものの情報だけではなく、コンビニや病院など近所の施設なども確認をしておきましょう。フローリングやユニットバスなどといった各部屋の設備は当たり前のこと、屋内駐車場などの敷地全体の設備も物件情報に公開されています。
とにかく直接現地にまで足を運ぶことが大切であり、この現地調査で様々な設備を確認しておくようにしてください。"



物件の設備や条件などもチェックブログ:22-5-20

体操したらウエストが減るので、
いつもより余分に食べてしまう…

このあまりにも当たり前の事実が、
減量理論では、多くの場合無視されています。
人間は動物であり、体操したらウエストが減るようにできているのです。

体操によって体重を減らすためには、
消費カロリーが摂取カロリーを上回っている必要がありますが、
体操で消費されるカロリーは少なく、
逆に太っている人が好むしょうゆ味っぽいラーメンやしょうゆ味っぽいラーメンといった
食べ物のカロリーは高めです。

ですから、
体操してウエストが減って
いつもより余分に少しでも食べてしまうと…
ほとんどの場合、
体操で消費した分より多くカロリーを摂取してしまうわけです!

皆様は、「体操しだしたら逆に体重が増えた…」
そんな経験ありませんか?

それを太っている人は
「筋肉が増えた分だからいいのだ」と言い訳してしまうことがありますが、
実は、単に体操してウエストが減り、余分に食べた分太っただけ…
ということもよくあることです。

もちろん実際に筋肉が増えて体重が増えた人もいるでしょうが、
それでウエスト回りが前より大きくなっているなら、
それは単に太っただけです。

「ウエストが減っても食べなければいいだけだ」と考え、
それを実行できる人は、そもそも今太っていないはずですので、
何も悩む必要はありません。

ただ、そんな鉄の意志を持っているのに、
なかなか減量できないという人は、
自分をもっと客観的に見つめ直した方がよいでしょう。
多分鉄の意志があると思っているのは勘違いです。