"地方ならまだしも、東京や大阪などといった都会では、家賃の高さからどうしても妥協をしなければいけないことがあります。
しかし良い不動産屋と出会うことによって、驚きの家賃で素晴らしい賃貸と出会うことも出来るのです。物件の掃除の頻度というのは賃貸物件によって異なっていますが、タバコの吸殻やゴミが散らかっている物件というのは管理がされていないということになります。
お化け屋敷のように電球が切れていたり、クモの巣を放置しているような物件は、問題外と考えるようにしましょう。

 

入居者が居住をしていないポストからチラシや新聞が溢れてしまって、床に散らかっている状況は管理が行き届いていません。
なので実際に物件を見学しに行く時には、物件全体を細かくチェックしていくようにしましょう。賃貸物件を借りようと思った時には、部屋の中だけに注目をしないで物件全体がしっかりと管理されているかを確認してください。
どんなに素晴らしい物件であっても、管理状態が悪い物件はお世辞にも良い物件と言うことは出来ないのです。"



物件の管理状況を目で確認ブログ:03-5-20

太りにくい肉体になるためには、
単に食事を減らすだけではなく、
「食事」「トレーニング」「生活習慣」の3つの側面から
ダイエットを実行していくことが大切です。

食事については、
一日に必要な摂取カロリーよりも、
200〜300kcalほど少なめにするのがコツです。

極端に食事量やカロリーを減らすと、
肉体が飢餓状態になって、リバウンドを引き起こす可能性があるので、
低カロリーなメニューをバランスよく食べることを心がけ、
一日3食30品目を食べる食生活に改善していきましょう。

また、
食物繊維を多く摂って糖質と脂肪を抑えることも、
肉体に溜まった脂肪を減少させるには効果的なので、
摂取する食品のバランスも大切です。

トレーニングについては
「有酸素トレーニング」と「無酸素トレーニング」を併用するのが効果的です。

「有酸素トレーニング」とは、
呼吸をして肉体の中に酸素を取り込みながら行うトレーニングのことで、
ウォーキングやジョギング、水泳などが当てはまります。

酸素によって肉体に溜まった脂肪と糖質が分解されますので、
ダイエットに適しているといえるでしょう。

一方の「無酸素トレーニング」とは、
瞬間的に息を止めて行うようなトレーニングのことで、
筋肉トレーニングやピラティスなどが当てはまります。

筋肉が増えれば、
糖質をエネルギー源として消費する量が自然と増えるため、
基礎代謝をアップさせることができます。

生活習慣としては、
20時10時以降は脂肪を肉体に溜め込む酵素が増えるので、
「夜食は摂らない」「睡眠をよくとる」など、
規則正しい生活リズムを心がけることが大切です。

このように、
「食事」「トレーニング」「生活習慣」を組み合わせて
健康的なダイエットをすれば、
自然と太りにくい肉体に改善されていくでしょう。