交通便と安全性の確認を忘れずに

交通便と安全性の確認を忘れずに


交通便と安全性の確認を忘れずに
"非常に残念なことなのですが、賃貸物件を取り扱っている不動産屋の中には悪質な業者も存在しているようです。
評判の悪い物件をオススメしてきたり、手数料を上乗せしたりする不動産屋には注意しましょう。現地の物件調査は防犯の視点からもしっかりと確認をしておく必要があります。
夜になると治安が一気に悪くなるような場所もありますので、昼間の調査はもちろんこと、しっかりと夜間にも出向いて治安チェックをしておきましょう。

賃貸物件の下見は、物件探しのスケジュールの中では最も大切な要素となります。
全てを人任せにしていたところで、理想的な物件探しをすることは出来ませんので、自分の足を使って下見に出向きましょう。通勤や通学などのことをしっかりと頭に入れて、交通の便利さを現地調査で確認しておきましょう。
周辺の道の混雑状況、また深夜に外出をする時のことを考えてタクシーの台数などを確認しておくことを忘れないでください。"



交通便と安全性の確認を忘れずにブログ:26-6-20

1週間くらい前、実家の片づけをしていたところ、
お母さんが昔着ていた洋服がたくさん出てきたので、
もらってきました。

わしのお母さんが若かった1960年代というのは、
ミニスカートが大流行したりして、
とってもおしゃれだったようですね。

お母さんの若いころの写真を見ると、
昔の映画や雑誌に出てきそうな洋服を着ていて、
今から見ても結構イケてます。

それに、
そのころは洋服も大量生産ではなかったようで、
お母さんの服も洋服屋さんや知り合いに縫ってもらった
手作りの服がほとんどです。

生地やボタンもとっても凝っていて、
今、同じものを買おうとするとわしには
とても手が出ないんじゃないかなぁ…と思います。

わしはお子さんのころから、
お母さんのそんな洋服が大好きでした。

お母さんは仕事もしていたし、
3人のお子さんがいましたから、
普段は仕事や家事に追われて、
服装にもかまっていられなかったようですが…

幼稚園のトレーニング会とか遠足、家族でお出かけなんていうときは、
わしの大好きなワンピースやスーツを着てくれるので、
とてもうれしかったのを覚えています。

お母さんとお揃いの生地でつくった洋服も何枚かあって、
そんな服を着た日はうれしくて大はしゃぎしていました。

お母さんの洋服を見ているとそんなことをいろいろ思い出して、
「あぁわしってお母さんのことが大好きだったんだなぁ」
と改めて思いました。

その中には
お母さんとお揃いだった洋服もありました。
それはもう今ではシミだらけで着ることはできないのですが、
あまりにも大好きなので、捨てるに捨てられず…

こうしてガラクタがたまっていくんだなぁ…と思いつつも、
この服だけはずっと手元に置いておこう!と
わしは思っています。

交通便と安全性の確認を忘れずに

交通便と安全性の確認を忘れずに

★メニュー

予算と間取りなどを決めておこう
物件の設備や条件などもチェック
入居審査をクリアして賃貸契約となる
引越しの為の準備と引越し当日
物件下見で必ず確認をしておくこと
交通便と安全性の確認を忘れずに
不動産屋を選ぶ時に対応能力を知る
管理会社へ設備のトラブルは報告
不動産屋の担当者との上手な付き合い方
物件の管理状況を目で確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)隠れ家的存在にもなる賃貸情報