不動産屋の担当者との上手な付き合い方

不動産屋の担当者との上手な付き合い方


不動産屋の担当者との上手な付き合い方
"今現在日本で賃貸の需要と言ったらやはりワンルームタイプですが、もちろんファミリータイプも多くあります。
中には「この条件でこの家賃なんてありえるの?」という掘り出し物件も見つけることが出来るのです。不動産屋の広告などで「これがオススメ物件!」とある賃貸物件というのは、本当にオススメというワケではありません。
勘違いされている人も多いかと思いますが、本当のオススメ物件をわざわざオススメ!と大々的に宣伝をする必要は無いのです。

人気のオススメ賃貸物件が出た場合に、すぐに不動産屋から声をかけてもらうことの出来る方法があります。
それは不動産屋の担当者と顔見知りになってある程度日常会話が出来るくらいの仲になっておくことです。不動産情報や広告に載っている賃貸物件だけが、不動産会社のオススメ物件だと多くの人が考えていることでしょう。
しかし実際には本当に人気がある物賃貸物件というのは、広告をに掲載をしなくてもすぐに埋めることが出来るのです。"



不動産屋の担当者との上手な付き合い方ブログ:26-3-20

一人の人間によって
基本的言語体系がお子さんの頭の中に入ってくる以上、
一人の人間だけがお子さんを育てることは
逆にいえば非常に危険である。

もしそのお母さんが間違った考えを持っていれば、
その子はその間違った考えを教え込まれてしまい、
それを修正する機会を失ってしまうからだ。

自分の家に父親とお母さんが揃っていれば、
自分のお母さんといえども、自分の父親から
その意見を覆される姿を見ることができるので、
自然とお母さんの間違った意見を否定していくことができ、
正しい物の見方ができるようになる。

大事なことは
正しい物の見方を身につけることであって、
誰かの意見を鵜呑みにすることではないのである。

祖父母がいると、
お子さんは温和になると言われている。

自分の父母だけではなく、その祖父母によって喋りかけられれば、
お子さんは父母の意見が絶対に正しいものではないということが解り、
違う考え方も存在するのだということに気付く。

しかも祖父母は父母よりも人生経験が豊富だから、
生きていく上で様々なことを学んでいくことができる。

祖父母というクッションがないお子さんは、
どうしても思考が硬直しやすいので、
核家族で育って来た人々というのは、
狭い考え方の持ち主が多く見受けられる。

政治家が「社会保障の充実」を叫べば、
それに追従してしまい、
それによってどのような弊害が出て来るかを
見極めることができない…

「貧富の格差があることはおかしい!」
「男女の性差があることは許せない!」と騒いでいる人たちも、
やはりお子さんの頃、核家族で育ってきたのではないだろうか?

不動産屋の担当者との上手な付き合い方

不動産屋の担当者との上手な付き合い方

★メニュー

予算と間取りなどを決めておこう
物件の設備や条件などもチェック
入居審査をクリアして賃貸契約となる
引越しの為の準備と引越し当日
物件下見で必ず確認をしておくこと
交通便と安全性の確認を忘れずに
不動産屋を選ぶ時に対応能力を知る
管理会社へ設備のトラブルは報告
不動産屋の担当者との上手な付き合い方
物件の管理状況を目で確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)隠れ家的存在にもなる賃貸情報