"賃貸に引越しをしてから「こんなハズじゃなかった」と後悔をしてしまっても後の祭りなのです。
生活の拠点となる自分の部屋なのですから、事前の現地調査を入念に行い失敗しない物件選びをしましょう。家賃を予め決めておく時には毎月の収入における3分の1以下までに抑えることが大切です。
賃貸物件へ引越しをするためにはどうしても初期費用が高くなってしまいますが、家賃が高くなればその分初期費用も高くなるのです。

 

物件探しにおきましては広さや部屋数はあまりこだわって探さない方が確かに見つけやすいですが、荷物が入らなかったでは何とも間抜けな話になってしまいます。
新しく家具を購入する場合には、新居のドアから問題なく搬入をすることが出来るかどうかを確認しておくようにしましょう。賃貸物件に実際に住んだ時には毎月支払うのは何も家賃だけに限ったことではないのです。
もちろん家賃だけの支払いの場合もありますが、その他にも管理費や駐車代なども含まれることもあるので総支払額を考慮して物件探しをしていきましょう。"



予算と間取りなどを決めておこうブログ:08-4-20

こんにちわですー

減量を行う場合、
1日の総摂取カロリーを決める必要があります。

摂取カロリーが多すぎれば
体に溜まった脂肪は減らないですし、
逆に少なすぎれば代謝が低下し
痩せにくい体になってしまいます。

減量を成功させるには、
必要な量の摂取カロリーをしっかりと摂取することが
とても重要です。

ちなみに…
減量のために摂取カロリーを減らす場合は、
成人の平均摂取カロリーより20%程度落とすのが
最も効果的に体に溜まった脂肪を落とせるんだそうです。

女性の場合、
成人女性の平均摂取カロリーが約1800kcalなので、
それより20%落とした1440kcalが
減量に必要な1日の摂取カロリーの目安となるわけです。

ただし、
今ままで2500kcal食べていた人が、
いきなり1440kcalに減らすのは危険です。

このような場合は、
14日間おきに300kcal程度摂取カロリーを減らしていって、
目標の1440kcalにするようにしましょう。

いきなり摂取カロリーを減らしすぎると
確実にリバウンドします。

また、
「理想体重×30キロカロリー=1日の総摂取カロリー」
という目安もあります。

例えば…
50kgが目標であれば「50×30=1500」で、
1日の総摂取カロリーの目安は1500kcalとなるのです。

しかしながら、
例えば、現在60kgで目標が50kgの場合、
いきなり10kgも落とすのは
リバウンドしやすく健康も害する可能性があり危険です。

なので、
このような場合は2〜3kg減らした体重を目安に、
1日の総摂取カロリーを求めるようにしましょう。

嗚呼,いい気分