"賃貸に引越しをしてから「こんなハズじゃなかった」と後悔をしてしまっても後の祭りなのです。
生活の拠点となる自分の部屋なのですから、事前の現地調査を入念に行い失敗しない物件選びをしましょう。家賃を予め決めておく時には毎月の収入における3分の1以下までに抑えることが大切です。
賃貸物件へ引越しをするためにはどうしても初期費用が高くなってしまいますが、家賃が高くなればその分初期費用も高くなるのです。

 

物件探しにおきましては広さや部屋数はあまりこだわって探さない方が確かに見つけやすいですが、荷物が入らなかったでは何とも間抜けな話になってしまいます。
新しく家具を購入する場合には、新居のドアから問題なく搬入をすることが出来るかどうかを確認しておくようにしましょう。賃貸物件に実際に住んだ時には毎月支払うのは何も家賃だけに限ったことではないのです。
もちろん家賃だけの支払いの場合もありますが、その他にも管理費や駐車代なども含まれることもあるので総支払額を考慮して物件探しをしていきましょう。"



予算と間取りなどを決めておこうブログ:02-1-20

減量の基本は…
「栄養バランスのとれた食事」と「適度なトレーニング」。

食事については何とかできても、
なかなかトレーニングが…という人は、オレを含めて結構多いようです。

特に日ごろトレーニングしていない人にとっては
これがプレッシャーになることも…

確かに、いきなり身体を動かせ!と言っても、
難しいですよね?

そこで、オレがやっている、
誰にでもできる適度なトレーニングを紹介します。

それはストレッチです。
筋肉の筋をのばすだけのトレーニングですが、
十分な減量効果を期待することができるんですよ。

なぜトレーニングが減量に必要かというと、
筋肉がオレたちの身体の中でも
最もエネルギーを消費するからなんです。

痩せるということは、
食べ物などで身体に入ってくるエネルギーよりも
消費するエネルギーの方が多くないといけません。

だから、トレーニングによって筋肉を鍛えることで、
エネルギー消費のしやすい身体を作ることが必要なんです。

すると、減量に成功した後でも
エネルギー消費しやすい状態は筋肉がある限り続いていきますから、
リバウンドの心配も無くなります。

オレも経験がありますが、
パソコンなどに長時間向かっていると
肩や首の筋などがこってきたり、だるくなったりことがありますよね。

ちょっと作業がひと段落すると、
首を後ろに倒したり、背伸びをしたりします。
読者様もこのような経験はありませんか?

実は、これも筋肉をのばすという作業に含まれます。
ですから、立派なストレッチトレーニングになるんですよね。

減量には、激しいトレーニングを月一回行うよりも、
ストレッチのような軽いトレーニングを、
日々続けた方が効果があるそうですよ!