"賃貸に引越しをしてから「こんなハズじゃなかった」と後悔をしてしまっても後の祭りなのです。
生活の拠点となる自分の部屋なのですから、事前の現地調査を入念に行い失敗しない物件選びをしましょう。家賃を予め決めておく時には毎月の収入における3分の1以下までに抑えることが大切です。
賃貸物件へ引越しをするためにはどうしても初期費用が高くなってしまいますが、家賃が高くなればその分初期費用も高くなるのです。

 

物件探しにおきましては広さや部屋数はあまりこだわって探さない方が確かに見つけやすいですが、荷物が入らなかったでは何とも間抜けな話になってしまいます。
新しく家具を購入する場合には、新居のドアから問題なく搬入をすることが出来るかどうかを確認しておくようにしましょう。賃貸物件に実際に住んだ時には毎月支払うのは何も家賃だけに限ったことではないのです。
もちろん家賃だけの支払いの場合もありますが、その他にも管理費や駐車代なども含まれることもあるので総支払額を考慮して物件探しをしていきましょう。"



予算と間取りなどを決めておこうブログ:02-11-19

1年ほど前に、家の車を買い替えようかという時、
ぼくが
「マニュアルミッションの車にしたい」
「どうしてもクラッチを踏みたい!」
と力説していたところ、
妻は「ぼくの乗りたい車にしよう」と言ってくれました。

普段は妻の方が車に乗る機会が多いので、
妻にとっては不便なのにもかかわらず、
ぼくが喜ぶからといって、そう言ってくれるのです。

その想いに触れた時、
ぼくは何とも言えない気持ちになったのを覚えています。

また、
ぼくが出掛ける時には、
妻はおにぎりを作ってくれます。

いつも何の気なしに食べていたのですが、
ある時、ふと
「妻は、どんな気持ちでこのおにぎりを作ってくれて、
ぼくに持たせてくれてるんだろう?」って。

その想いに触れて、
おにぎりを食べながら、
ぼくは涙が出そうになったことを覚えています。

それらを思い出した時、ぼくはハッとしました。

日々作ってくれるごはん…
出掛ける時にかけてくれる「いってらっしゃい」という声…
アイロンのかかったシャツ…

全てに妻の愛と想いが込められているということに改めて気づいて、
ハッとしたのです。

「ぼくはこんなにも愛されていて、
こんなにも大事に想ってもらっているのか!」

そして同時に気づきました。
ぼくの愛し方がいかに独りよがりだったか…ということに。

ぼくは妻のことが大好きで、
とっても愛しているのですが、その愛し方というのは、
ぼくが一方的にその愛情を与えるだけで、
妻の愛や想いというのを
全然受け取れていなかったんですね。

妻のことが好きだからといって、
その愛を妻に与えて、
それで一人で満足している部分があることに気づきました。