"今現在日本で賃貸の需要と言ったらやはりワンルームタイプですが、もちろんファミリータイプも多くあります。
中には「この条件でこの家賃なんてありえるの?」という掘り出し物件も見つけることが出来るのです。不動産屋の広告などで「これがオススメ物件!」とある賃貸物件というのは、本当にオススメというワケではありません。
勘違いされている人も多いかと思いますが、本当のオススメ物件をわざわざオススメ!と大々的に宣伝をする必要は無いのです。

 

人気のオススメ賃貸物件が出た場合に、すぐに不動産屋から声をかけてもらうことの出来る方法があります。
それは不動産屋の担当者と顔見知りになってある程度日常会話が出来るくらいの仲になっておくことです。不動産情報や広告に載っている賃貸物件だけが、不動産会社のオススメ物件だと多くの人が考えていることでしょう。
しかし実際には本当に人気がある物賃貸物件というのは、広告をに掲載をしなくてもすぐに埋めることが出来るのです。"

還暦祝い プレゼント 父の紹介
還暦祝い プレゼント 父ならおまかせ
http://kanreki-oiwai-land.com/ranking/male/



不動産屋の担当者との上手な付き合い方ブログ:19-1-20

ボクのお母さんは長男である父親と結婚しました。
結婚して間もなく、父親の父母と同居…

父親、お母さん、
祖父母、姉、ボク、妹の7人の大家族でした。

祖父母、父親、ボクたちと食べ物の種類がいつも違うので、
お母さんは8時から夜まで
食事に追われていたことを覚えています。
時代が違うのもあるかもしれません…全て手作りでしたからね。

「長男の嫁は苦労する」
これがボクの大きなイメージでした。

親戚にも気を遣い過ぎていたほどのお母さん。
見てて痛々しくて、ボクたちは3人の女姉妹であるにも関わらず、
ほとんど親族には近寄ることはなく、
お母さんが一人であくせくしていたと思います。

あの時代に帰れたらもっともっと手伝いたかったなあと、
今では後悔することばかりですけれど…

「長男の嫁は苦労する」とは思いつつも、
ボクは一度目の結婚のとき、夫は長男でした。
夫のお母さんは心からボクを歓迎してくれました。
今はそう思えます。

ところが、あのときのは猜疑心いっぱいで、
夫の実家に行くことがとてもしんどくて嫌だったんです。

それにはじめての子供で男の子だったから、
とても家族に可愛がられていた分、
結構夫は実家では自由きままだったんですよね。
それがうらやましくもあったと思います。

だけど
夫との関係が悪化したとき、
夫のお母さんに散々責められてしまいました。

今考えると、夫のお母さんだって、
自分の息子が不幸になると思ったら、
そりゃあボクのことをなじらずにはいられないだろうし、
子供を思えばこそ、当然のことだろうと思えますが…

あの時は
「結局、お母さんは私を嫌いだったんだ!」
と、ボクの怒りが大爆発だったんです。

だから夫のことも理解せず、
夫のお母さんの気持ちも考えず
そのまま離婚してしまいました。